厚生労働省が義務化したストレスチェックとは?

労働安全衛生法の改正に伴い、厚生労働省は企業に対して労働者のストレスチェックを義務化しました。対象となるのは従業員の数が50人以上の事業所になり、年に一度、全従業員に対してストレスチェックを行うことが必要になります。
厚生労働省がストレスチェック制度を制定した理由は、労働者が自分自身の心の状態を知っておき、心の状態に問題がある場合は早めに対処して、うつ病や自殺などを防ぐためです。労働者の自殺やうつ病による経済的損失は約2.7兆円にも達しており、職場のメンタルヘルスを改善することにより、労働者の自殺やうつ病による経済的損失を少なくすることもストレスチェック制度の目的になります。
ストレスチェックは企業の産業医が担当し、職業性ストレス簡易調査票などで労働者の心の状態をチェックして、ストレス反応が高いと判定された労働者と面接を行います。面接を受けた労働者は産業医の指示に従って心の状態の改善を図り、状態によっては心療内科や精神科の病院に通院して医師の治療を受けることになります。労働者の心の状態が悪化している場合には休職の措置が取られることもあり、労働者は仕事を休職して治療に専念することになります。すっきりフルーツ青汁を楽天では購入できない